たまりば

  多摩のコミュニティビジネス 多摩のコミュニティビジネス  多摩市 多摩市

スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by たまりば運営事務局 at

2014年10月12日

成功している地域スポーツには参考になることがある


TBS系列の日曜日朝の人気番組
「がっちりマンデー」で、
おらが町の人気スポーツというテーマの
放送があった。


番組では、栃木県のプロバスケットチームを
取り上げていたが、
経営的には儲かっているという。


バスケットというスポーツは、
選手の数が少ないし、
大きな施設も必要ないので経費が
あまりかからないらしい。


だが、成功している理由は
それ以上に完全地域密着型であることだ。


試合の無い時、選手や選手OBが
地域の小学校を回って無償授業協力を行い、
こどもたちにバスケットを教えている。


プロ選手が楽しく指導してくれる
とあって、授業は大好評、
かつバスケットチームのファンになる。


こどもたちに人気が出ると
親子連れで試合を見に来てくれるので
両親や祖父母もファンになる。


かくて収容人員2千人の体育館は
いつも満員盛況になる。
(放送ではたんなるプレシーズンマッチ
なのに超満員)


これまでは、テレビで全国中継
されるようなスポーツだけが興行的に
成功を収められると思われてきたが、


バスケや地域プロレス、
野球の独立リーグなどの登場で
事情は変わってきている。


思うにスポーツだけでなく、
同じような取り組みは他のことでも
可能なのではないか。


スポーツや音楽などのイベントは
生で身近に見るとその迫力に圧倒される。


教育の場の解放と
カリキュラムの柔軟性が必要だが、


たとえばプロの音楽活動家が
小学校で無償授業を行い、
ファン層の底上げを図る。


こどもたちにとっては
プロが教えてくれることで
得難い何かを得ることが出来る。


まさいWIN、WINの関係ではないか。


地方に住んだ経験からいうと
やはり東京都との格差の一つに
文化的なイベントが少ないことがある。


そんな中、地元で愛される
地域スポーツや音楽グループの存在は、


地域に人を呼び戻し、活性化させる
助けになってくれると思う。



  

  • Posted by グッドリスナー at 23:55Comments(0)

    2014年10月12日

    自分が選択したことの評価が高くなるのが人間


    買い物に行って、
    一つ分の予算しか考えてなかったのに
    欲しい品物がほぼ同じ価格で
    二つあった時って困るよね。


    無理して二つとも購入することは
    あるかもしれないが、
    ふつうはどちらか一方を選ぶ。


    そうすると人の脳では
    不思議なことが起きる。


    買う前は二つの品物に対する
    評価はほぼ同じだったのに
    買った方の品物の評価は高まり、


    逆に買わなかった方の品物の
    評価は下がるのである。


    実験によると買う前の段階で
    買いたいと思う品物の好みに差が
    あるときはこの現象は現れない。


    同じようなことで、
    高額のセミナーを受講した時、


    低額で同じレベルのセミナーを
    受講した時より、受講者の満足度
    は高くなるということがわかっている。


    つまり、人間は自分の感情と
    行動が一致しない時、
    無意識のうちに調整しようとするのである。


    自分が選んだ品物の方が良かった、
    選ばなかった品物はやっぱりたいして
    良くなかったと思おうとする。


    高額のセミナー代を払ったのだから
    低額のセミナーより内容が良かった
    と思おうとする。


    行動は既成事実なので変更できないが、
    感情は自分が納得すれば済むことだから
    感情の方を変更するのである。


    人間の思考や決断には、
    本人が意識していないところで
    感情に支配されているといわれるが、
    感情はまた変更することができる。


    人間の一生は、言ってみれば
    「選択と決断」の連続である。


    都度都度の思いはあるだろうが、
    人間は感情を後から変更して
    心の平衡を得ている。


    好きな仕事をやれるのが一番
    とは言うけれど


    人はやむを得ない事情で選んだ仕事でも
    好きになれる力を持っている。


    物を買う時、
    買い手としては高い価格で買うことに
    ためらいがあったとしても、


    買ってしまえば、
    むしろこんなに高い買い物をしたのだからと
    自分自身の感情価値を高めてしまう。


    人の勝手さ、都合のよさには
    いい意味で感嘆するほかはない。



      

  • Posted by グッドリスナー at 12:00Comments(0)