たまりば

  多摩のコミュニティビジネス 多摩のコミュニティビジネス  多摩市 多摩市

スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by たまりば運営事務局 at

2014年10月06日

スターバックスの短期最適は、中長期不適だった


スターバックスは大好きで
頻繁に利用している。


廉価なコーヒーが飲める店は
他にもたくさんあるが、
スタバはそれらとは一線を画している。


あの価格で本格的なコーヒーを
出せるというのはとても素晴らしいし、


廉価コーヒー店にありがちな
鳥の止まり木のようなイスでもない。


しかしそのスタバにもピンチはあったようだ。


もう6~7年前になるが、
急速に事業を拡大し店舗数を
増やしたことがあった。


当時、売上は伸びているものの
利益は半減していて、
経営陣としては抜本的な対策を迫られていた。


そして多くの企業がやるような
「利益悪化の処方箋は合理化」に
とびついてしまった。


むろん経営にとって
コストカット、経営合理化はきわめて重要であるし、
短期的には業績回復に最も効果がある。


しかし、スタバの場合、これは裏目に出た。


短期的な業績回復と引き換えに
固定的なスタバファンの多くを失った。


店は狭く猥雑になり、
コーヒー豆が店挽きでなくなったため
コーヒーの味は落ちた。


よせばいいのにサンドウィッチなどを
出したためコーヒーの香りも消えた。


さらにひどかったのは従業員の質の低下だ。


店舗数の急拡大により店員が不足し、
ろくな研修や教育も受けていない店員が
各店に配置された。


これら一連の施策は、
確かにスターバックスにとっては
合理的、効率的だったろう。


だが、スタバのお客にとっては
不都合だった。


かくてお客は離れていき、
一時的に回復した業績はさらに
悪化していくことになる。


さすがに危機感をあらわにしたスタバは、
創業者をCEOとして呼び戻し、


なぜお客から見放されたか、
何がダメだったのかを考えた。


その結果、減点復帰=お客はスタバに
何を求めていたのか を思い出した。


不採算店を閉鎖するだけでなく、
美味しいコーヒーを淹れるために
店員の研修、設備の改善、店舗の見直し
出来ることにすべて手を打った。


その結果、再びお客は回帰し始め、
今は以前の姿を取り戻してきた。


企業でも個人でも調子が悪い時ほど
合理化、効率化に走ろうとする。


だが往々にして短期的に正しいことが
中長期的には間違いであることはあるのだ。


スタバの場合、一時的に「なぜ」顧客は
スタバを選んでくれていたのかを忘れ
自分目線になってしまっていたのだ。


企業は投資家や従業員のものでもあるが、
お客様のものでもあることを忘れてはならない。


ソニーの不振についても
ここに答えがあることは疑いない。



  

  • Posted by グッドリスナー at 23:55Comments(0)

    2014年10月06日

    ジョブディスクリプションが求められる時代が日本にもやってくる


    台風18号が接近し、
    きょうは朝から猛烈な雨。


    しかしそんな中でも始業時間に
    間に合わせるべく出勤する人たちが
    たくさんいる。


    危険や労苦をおかしてまで出勤するほど
    大切な仕事の人もいるだろうが
    すべてがそうではないだろう。


    日本人が現在のような働き方をする
    ようになったのはいつ頃からなのだろう。


    会社制度が日本に登場したのは
    明治時代からだから、


    それ以前にサラリーマン的な働き方を
    していたのは役付きの武士くらいだろうか。


    しかし江戸時代の役付きの武士は、
    有番と非番の交代制だから、
    出ずっぱりの今のサラリーマン
    ともちょっと違う。


    商家の丁稚奉公などは松下幸之助翁の
    談話にもあるように年中休みなど無く、
    盆と正月以外は働きづめだったようだ。


    時代や環境によって働き方は
    絶えず変化しているというのが
    あたっているようだ。


    朝出勤をして、残業が無ければ定時を
    少し過ぎたあたりで家路につくというスタイルも
    今だけの働き方かもしれない。


    今の日本で大きな命題となりつつある
    女性の登用と高齢者の働き場所の確保には、


    この働き方の変革が必須であることは
    間違いないように思える。


    欧米で浸透しているジョブディスクリプションは、
    今後の日本でも否応なく徐々に
    取り入れていかざるを得ないと思う。


    もしそれが徹底すると、
    就業=フルタイム労働という概念は崩れ去り、


    就業と無業の中間的形態もアリ
    ということになるかもしれない。


    必要な時に必要な分だけ仕事をする。
    たくさん稼ぎたい人はフルタイムで働き、


    その必要がない人や仕事以外に
    優先事項のある人は、仕事の塊の分だけ働く。


    従前は労働市場の流動性を高めるというと
    解雇しやすいかわりに転職・就職もしやすい環境
    を意味していたが、


    これからは働き方の流動性にも
    着目していく必要がある。


    さてそんな時代が来たら
    あなたは何をウリにして働きますか?



      

  • Posted by グッドリスナー at 11:30Comments(0)