たまりば

  多摩のコミュニティビジネス 多摩のコミュニティビジネス  多摩市 多摩市

スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by たまりば運営事務局 at

2014年10月04日

離職率の高い会社は要注意


世に社員を大切にしない、悪質と言われる企業には
就活にあたっていくつかの共通した特徴がある。


「面接でとても優しい」
「初任給が異常に高い」
「新人3年後の離職率が30%以上ある」
「全社員離職率が5%以上ある」
「平均勤続年数が短い」
等々である。


この中で一つだけを挙げるとしたら
やっぱり「新人3年後の離職率」だろうね。


会社四季報に載るような会社なら
この数字は公表されているので
必ず見ておきたい。


公表されていない場合でも
ネットや人伝手で調べる方法はある。


30%が目安というのは、
厚⽣労働省の「職業安定業務統計」で、
⼤卒で就職した⼈の3割が3年以内に退職
しているという統計データからきている。


ところで使い捨てというのは
どんな状況だろう。


一言でいうなら「業績が主で社員が従」
という会社のことである。


お金と手間をかけて社員を育て、
社員の幸福が会社の繁栄につながる
という考え方の対極の会社だ。


社員を消耗品の機械と同等の
たんなる労働力と考え、


育成ではなく単位時間内にどれだけ
働かせるかだけを追求する。
これが「使い捨て」である。


最近では夜間の店舗人員を確保できず、
大幅に開店時間を短縮した外食産業が
記憶に新しいが、


自分がかつてビジネスパートナーを組んだ
ベンチャーIT系企業もそうだった。


この会社は、社員をすべて本社から
徒歩圏内に住まわせていた。


その理由は、常時深夜残業なので
深夜帰宅の場合のタクシー代などを
減らしたいためであった。


同社の離職率はきわめて高く、
たった2~3か月前に名刺交換した人が
もう退社したなどというのは日常茶飯事。


正業による利益創出ではなく、
高株価を維持し、そこで集めた資金を
他企業の買収に回して社業を拡大していた。


先日、久しぶりにその会社の社名を
ニュースで目にした。

なんと同社の会長と社長が、
逮捕されたのだという。


業績悪化による株価低落を糊塗しようとして
粉飾をし、それが違法として摘発された
ためである。


社員を大切にしてこなかった会社への
報いとして当然の末路ではあるが惨めなものだ。


会社に人を育てる真剣な気持ちがあれば、
少々過酷な条件でも人はついてくる。


だが、くだんの外食産業や
前出のIT系企業にはそれが微塵も無かった
ということなのだろう。


どんな企業でも社会人としての経験を
積むには就職しないよりはましとはよく言うが、


やはり異常に高い離職率の会社、
人の入れ替わりが早い会社は
絶対に選ぶべきではない。



  

  • Posted by グッドリスナー at 23:55Comments(0)

    2014年10月04日

    「お受験」ならぬ「お就活」まで出始めた幼児化現象


    最近テレビを見ていて
    とても驚いたことがある。


    あるアンケート調査で、
    就活生の親のなんと48%が、
    こどもの就活先の企業に問合せをした
    経験があるのだという。


    番組では、あるベンチャー企業における
    親子同伴の説明会、終了後の懇親会の模様が
    取り上げられていた。


    高校や大学の進学で親が一緒になって決め、
    それよりはるかに長期にわたる就職で
    親が関与しないのはおかしいといわんばかりにだ。


    うーん、とうとう社会の幼児化現象も
    ここまで来たのか。
    まるで「お受験」風景そのままではないか。


    我が家では二人の息子には
    進路に関して親として一切口出し
    しなかったし、


    息子たちの方からも相談すら
    してこなかった。


    自分自身の場合も、中学校入学以降の
    高校、大学、就職先などの進路について
    親にいかなる相談もしなかった。

    もちろん親の方も何も聞いてこず、
    入学決定、入社決定までどこに行くのかすら
    知らなかったくらいである。


    長い社会人としての経験から、
    求められればアドバイスくらいはするが、
    しょせんこどもにはこどもの人生がある。


    一生関わり続けることも出来ないし、
    だいたい社会に出て働くということは
    学校とは根本的に違う。


    くだんの親たちは、
    こどもが会社で困難に遭遇したら
    会社や客先に文句を言うのだろうか?


    過度に残業をさせたり、
    意に沿わない転勤をさせたりしたら
    怒鳴り込んできそうだ。


    モンスターペアレントなる化け物は
    学校だけではなくなるのかもしれない。


    親はこどものために良かれと
    思っているのだろうが、
    過干渉以外の何ものでもなく
    厳しいが愚劣の極みである。


    究極を言えば、
    人は一人で生き、
    一人で死ななくてはならない。


    誰も自分の人生の責任は
    負ってくれないのである。


    まず、自分が経営者や採用担当だったら
    親が問い合わせてくるような学生は、


    自立心のない親離れしていない人間と判断し、
    真っ先に不採用とするところだけどね。



      

  • Posted by グッドリスナー at 12:00Comments(0)