たまりば

  多摩のコミュニティビジネス 多摩のコミュニティビジネス  多摩市 多摩市

スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by たまりば運営事務局 at

2015年01月31日

メンタルの弱い人はどうすればいい?


心技体という言葉があるが、
仕事でもスポーツでも最後に決め手
となるのは「心」であることは間違いない。


ふだんは優秀な成績をおさめているのに
一発勝負の試験に弱い人、
オリンピックでは力が発揮できない選手は
メンタルが弱いといわれる。


しかしこのメンタル、
強い人もいれば弱い人もいる。


その違いが出る理由はおくとして、
メンタルが弱い、本番に弱い人としては
どうしたらこれを克服できるのだろうか。


自分とてメンタルが強いわけではなく、
打たれ強い人間でもないが、
人生経験から感じている克服法はある。


それは不安とか恐怖、心配というのは
相手、自分の外からもたらされるものではない
ということだ。


「〇〇になったらどうしよう」という心理は、
すべて自分の心の中のものであって、


相手から見れば自分が心配していようと
いまいと普通は何の関係も無いのである。


「普通は」というのは、
相手が故意に脅そうとかの意思が無い場合
という意味である。


恐喝者は、相手に恐怖感を意図的に植え付けて
メンタルを支配しようとする。


だが、そんな状況ではない普通の状況では、
ネガティブな感情はすべて自分の心が
生み出している産物だ。


だからメンタルを強化する方法は、
心の中の自分が生み出したネガティブ感情を
退治することである。


自分が「ここまでやったんだから」と
納得できるまでとことん準備するとか、


自分で自分に暗示をかけたり
思い切って気分転換するなど
方法は人によって様々である。


自分の場合、
どんなに仕事で大きなプレッシャーがかかる時でも
夜眠れないということが全く無かったが、


それは「心配しても心配しなくても
結果が同じなら、心配するだけ損だから
考えることそのものをやめよう」
と思っていたからだ。


自分がどう思っていようが
相手にとっては何の関係も無いのなら


自分が不安に思ったとしても
結果には何の良い影響ももたらさない。


まあ、一種の開き直りだが、
相手のあることはあれこれ心配しても
良い結果に対し全く無意味である。




  

  • Posted by グッドリスナー at 17:00Comments(0)強いメンタル