たまりば

  多摩のコミュニティビジネス 多摩のコミュニティビジネス  多摩市 多摩市

スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by たまりば運営事務局 at

2015年01月21日

人はなかなか行動できないもの ではどうすればいい?


物事の成功のための秘訣は、
「成功するまで続けること」と
「行動し続けること」
と言われる。


しかし自分を含め多くの人にとって
「やるべきことはわかっているのに
なぜか行動できない」
という状況が存在している。


それは一体なぜなのだろうか。


人がなぜ行動できないかについては
研究が進んでいて、
本やセミナーもたくさんある。


自己啓発書などによれば
「自信の無さ」「結果を気にし過ぎる」、
「恥を怖れる」「相手の反応が気になる」、
「強制されていない」、
「行動して結果を残している人が回りにいない」、
「やりたいことがわからない」、
「楽しめていない」「やり方がわからない」
等々が行動できない理由だという。


また面白い説としては、
「脳の進化が現代社会に追いついていないから」
というのもある。


失敗を恐れるのは生存のための本能だが、
現代社会は少々の失敗で生きていけなくなる
状況など実際は存在しない。


それなのに脳の認識は原始のまま、
失敗するとすべてを失うと無意識下で
認識している。


だから行動できない。


転職や起業に失敗しても
実際に路頭に迷うことは無く、
ましてや命が脅かされることなど
まず有り得ないのに、
脳はそう認識していないのだ。


これは脳に思い込みという
無意識のブロックがあるためだから、
まずはそれを外すことが行動力に
つながることになりそうだ。


どうやって外すかって?


それは研究者によると
決断力や強い意思などではなく、
言語化することにあるらしい。


つまり言葉にして口から出す。


たとえ心からそう思っていなくても
「きょうは〇〇をやるぞ!」
と毎日10回吠える。


それを続け習慣化することで
少しずつブロックが外され、
いつの間にか本当に行動している
ということらしいのだ。


言葉には「魂」があるもので、
それは真実かもしれないと思っている。



  

  • Posted by グッドリスナー at 17:00Comments(0)行動する