たまりば

  多摩のコミュニティビジネス 多摩のコミュニティビジネス  多摩市 多摩市

スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by たまりば運営事務局 at

2014年12月31日

大晦日になると思いだす出来事


今日は大晦日、もうあと少しすると新年だ。


毎年大晦日になると思いだす、
というより決して忘れることが出来ない
あることを思い出す。


それは母の死だ。


母は大晦日に虚血性心不全で亡くなった。


正確には亡くなったのは前日の
30日かもしれないが、
母が独り暮らしの家の風呂場で
亡くなっているのが発見されたのが
大晦日の晩だった。


正月に行くことを伝えるため
何回も何回も電話したが応答が無く、
人に頼んで見に行ってもらったら
既に亡くなっていた。


母はその年に大腸がんの手術をしたが、
年末の診察で医者からがんの
再発が濃厚といわれていた。


しかし持病の心臓病がかなり悪化していて
手術はおろか、がん治療はとても無理とも
言われていた。


亡くなる直前の26日に付き添った病院から
タクシーで送ったのが最後の別れとなった。


母は自宅が大好きで
いつも自慢していた。


一人暮らしは心配なので
一緒に暮らそうと提案したが
耳を貸さなかった。


母は家族や友人に愛され
幸せな人生だったと思う。


しかし人生の最期を独りで
迎えさせてしまったことが悔やまれる。


喧騒の絶えなかったにぎやかな実家も
母の死で誰もいなくなった。


人のキャリアというものが、
仕事だけでなく、
経験した出来後の積み重ねだとしたら、


このような悲しい出来事も
自分に大切なことを教えてくれた
出来事だったのだろう。


もうすぐ新年、心を新たにして
迎えたいと思う。



  

  • Posted by グッドリスナー at 22:30Comments(0)大晦日