たまりば

  多摩のコミュニティビジネス 多摩のコミュニティビジネス  多摩市 多摩市

スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by たまりば運営事務局 at

2015年01月17日

南国東南アジアでカツラを売るには


日本国内では当たり前に売れていて
市場が成立している製品でも
ところ変われば全く売れていないもの
というのは確かにある。


たとえ話でよく使われる
「北極圏で冷蔵庫を売る」とか
「未開の国で靴を売る」は
空想の話だが、


東南アジアでのカツラの販売は
実際これから市場が立ち上がってくる
段階にあるらしい。


東南アジアは、その蒸し暑い気候、
現地の人にとっては高価であるなどの理由から
カツラの市場としては空白地帯だったようだ。


だが、洗髪する際の水質の悪さなどから
薄毛に悩む人は多く、
最近の経済成長による中間所得層の増大から
急速に市場としての期待が高まってきた。


しかし、潜在ニーズはあっても
それだけで事業が成功するほど
新規市場は甘くない。


そんな中、東南アジアでの事業拡大を目指す
アートネイチャー社の戦略は、
一に品質、二にサービスの質、
そして三にホスピタリティ
だという。


カツラは人毛がベストだが、
それだけだとメンテナンスが大変だし、
安価な化繊のみだと「いかにもカツラ」
になってしまうのだとか。


そこを熟練工が一本ずつ丁寧につくることで
ホンモノに近い品質にしている。


サービスでは専門のヘアスタイリストが
顧客の相談に乗り、
ただの増毛ではない美しさの演出の
手助けする。


そして最も重要かつ難しいのが
ホスピタリティ。


来店するお客は、
髪の毛の悩みだけでなく、
家庭や職場、人生の悩みなども
販売員やスタイリストに話をしていく。


それに暖かく応えるのが
ホスピタリティなのだ。


ホスピタリティは際限がなく、
とても難しいサービスだと思うが、
これこそが価格が高くても顧客に
購入してもらえる最大のカギだと思う。


モノやサービスを売るということは
一見、物品や労務を買ってもらっている
ように見える行為だが、


実はもっと別の大切なものを
顧客は買っている。


知人にランドセルの通販を個人で
やっている人がいるが、


その人は量販店と同じ物を
量販店より高く売っているにもかかわらず、
量販店以上にたくさん売っている。


ではなぜ売ることが出来るのかというと
顧客に対しホスピタリティを提供し、
顧客がそれに共感をしてくれるからなのだ。


その人はただランドセルを売るのではなく、
メールで子育てお母さんの相談に乗ったり、
代償を求めない暖かい心の対応を実践している。


顧客はその販売者の気持ちに共感し、
どうせ買うならその人からとなっている。


新しい土地で、その土地には無い
新しい物を売ろうとする時、
品質やサービスにだけ注力しがちだが、
実はホスピタリティこそが最強の武器なのだ。


アートネイチャーがその点を忘れず、
共感者をたくさん作ることが出来れば
きっと事業は成功するだろう。



  

  • Posted by グッドリスナー at 17:00Comments(0)新事業

    2014年12月06日

    新事業開発推進者に必要な視点とは?


    新事業の開発を担当した時、
    多くの人が経験することに
    決定権者に対し「市場性、将来性をどう説明するか」
    ということがある。


    企業経営は遊びではないから、
    意思決定に合理的な根拠が必要になる。


    新事業に対しても、社会的背景や競合、
    市場性がどのような状況にあるかは
    当然重要な意思決定の判断材料になる。


    だが新事業の場合、
    テーマが新規であればあるほど
    これらの合理的な調査報告が困難になる。


    まだ世の中の誰もが知らず、
    当然競合も市場も存在しない段階で
    その将来を合理的な根拠をもって説明するのは
    至難の業である。


    あまりにも有名な話だが、
    ベルが電話を発明し、売り込みに出た時、
    多くの企業で
    「そんなもの市場が無いし、売れるわけがない」
    と一笑に付され、相手にされなかった。



    だが、その後の歴史を知っている
    今日の我々から見れば、
    そのベルを一笑に付した連中は、
    先を見る目が無かったと思うばかりである。


    そもそも既に市場があるのなら
    それは新事業ではない。


    いや自社にとっては新事業だ
    というかもしれないが、
    他が既にやっていて市場もあるのなら
    それは正しくは別事業である。


    呼称などはどうでもよいが、
    新規性の著しく高い新事業の場合、
    決定権者や出資者を説得するための報告は
    どうしたらよいのか?


    この設問への答は非常に難しいことだが、
    誰も手をつけていなくて
    市場が成立していないという
    その理由は何なのかということから
    考察する必要がある。


    そもそも「やる価値がない」から
    ということがある。


    スモール起業の塾などでは、
    自分のビジネステーマがネットなどで
    調べて競合が一人も居なかったら
    そのテーマはやらない方がいいと教えられる。


    世の中にそうそう新しいアイデアや
    ビジネスなどはなく、
    誰もやっていないのはそれなりの理由があるから
    だという考え方である。


    この考え方は概ね正しいが、
    「その状況が不変ではない」
    「現時点では」であるということは
    常に考えておかなくてはならない。


    今は価値が無いから誰もやっていないが、
    ある条件設定が変わればそうでなくなる
    ということは世の中にいくらでもある。


    可能性というのは現在だけを物差しに
    考えるべきではない。


    条件設定とは、
    科学的なイノベーションだけではなく、
    社会情勢や経済状況、ライフスタイル、
    災害の発生等々様々な要素がある。


    例えば2020年の東京オリンピック招致決定で
    湾岸エリアへの投資が活発化することは
    いまや誰も否定しないだろうが、


    その可能性を招致決定以前に
    新事業として検討要素に盛り込めていたか
    というような類のことである。


    つまり、あてずっぽうの未来学ではなく、
    中長期的視野に立って、環境の変化を
    かぎ取るセンスがあるかどうかが問われるのだ。


    新事業の市場性の判断、予測は、
    もし現時点のバックボーンが変化した場合に
    どうなるかという視点が必須である。


    こうしたことを定量で示すことは難しいが、
    バックボーンの変化は必ず先行して
    統計数値などに表れているものである。


    もし現時点の条件設定が変化すると
    ブレークする可能性が高いとなれば、


    現段階で市場が無く、
    競合者もいない状況は
    むしろ参入のチャンスとも言えるわけである。



      

  • Posted by グッドリスナー at 17:00Comments(0)新事業