たまりば

  多摩のコミュニティビジネス 多摩のコミュニティビジネス  多摩市 多摩市

スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by たまりば運営事務局 at

2014年11月25日

小4なりすまし政治サイト事件について思うこと


「小4なりすまし政治サイト事件」というのは、
「なぜ今衆院解散なのか」という疑問を
投げかけていた政治サイトが、


実は大学生が小学校四年生になりすまして
自身の意見を発信していたサイトだった
という事件である。


安倍首相は自身のフェイスブックで
「批判をされにくい子供に成りすます卑劣な行為」
と批判している。


この批判は至極もっともで、
政治に対するいかなる批判もあって然るべきだが、
アプローチに偽りがあっては何の意味も持たない。


それにしてもこの事件、
顔の見えないネット的アプローチの限界
をまざまざと見せつけていると思う。


ブログやSNSにはプロフィール欄があるが、
あそこに記載されていることが真実
という保証はどこにもない。


ネット上では、人はどんな人物にも成り得るし、
成りすまして発言をすることも可能である。


実名尊重のフェイスブックなどもあるが、
このあたりがネットというバーチャルな
世界の限界である。


自分はメディアの報道を信用せず、
ネットの情報でバランスを取るタイプの人間だが、
このネットの限界に対してはいつも留意している。


しかしこうしたネットの限界については、
自分はメリットもあると思っている。


それは、リアルに会って話すことの価値が、
相対的に高まっていくからである。


よくネット社会が進化することで、
「営業」なんていう仕事は絶滅するのでは
という人がいるが、それは全く逆なのである。


人と人がリアルに会う、話をすることは
ネットにはない偶然性や意外性があり、
感覚やインスピレーションなど含め
ネットなど遠く及ばない。


むしろネット社会になればなるほど
リアルなコミュニケーション力の相対的価値は
高くなるのだ。


人間が機械ではなく血の通った生き物であるかぎり、
現実の人間からの影響は排除できないし、


バーチャルな情報が増えれば増えるほど
「この人なら」といった理屈ではない感覚的なものに
信を置くようになる。


そんなわけで、自分のブランドを磨いて
対人コミュニケーション力を高めることは
とても価値があるのである。



  

  • Posted by グッドリスナー at 17:00Comments(1)パーソナルブランディング

    2014年11月24日

    今の時代、ブランディングに成功したものが勝者になる


    モノやサービスが売りにくい時代である。


    人口減の社会となり、
    商品経済は成熟して家にはモノが溢れ、
    みなお腹いっぱいである。


    インターネットの浸透によって、
    販売側だけが独占していた知識を
    誰もが入手でき、


    時として売り手よりも買い手の方が
    商品知識を多く持つ時代になった。


    商品点数は爆発的に増え、
    製品の性能はどれも大きな違いは無くなった。


    もう商品の実質価値だけでは差別化が難しい
    時代に入ってきている。


    だが、そんな時代でも売れているのはある。


    それは、ブランド化に成功している
    モノやサービスである。


    いわゆるブランド品だけでなく、
    他との違い、個性を認識できるような
    モノやサービスたちである。


    例えば低価格商品の場合、商品の実質価値や
    価格の違いで差別化はほとんど出来ない。


    そんな低価格商品で売れているものは、
    買い手にどう見せるか、どう感じてもらうか
    プロモーションに力を入れている製品である。


    あるいは化粧品なら無料の試供品サンプルで、
    サービスならフリーミアムモデル
    (基本サービスは無料、高度なサービスは有料)
    で売るようになる。


    人はモノやサービスではないが、
    起業・転職、就職など自分を売り込む
    場合には同じ法則がはたらいている。


    自分や自分のビジネスをいかに
    プロモーションするか、
    その違いが差別化となり、
    売れるか売れないかの分かれ道になる。


    個性を磨く必要はない。


    強みを無理に伸ばす必要もない。


    そんなことは元々備わっている
    ことだからだ。


    それよりも、
    自分自身がそれをはっきりと認識し、
    どうプロモーションするか。


    それこそがパーソナルブランディング
    なのである。



      

  • Posted by グッドリスナー at 17:00Comments(0)パーソナルブランディング